ダブルアイリキッド購入体験談

ダブルアイリキッド

ドンキホーテで『オートマティックビューティー ダブルアイリキッド』を買ってきました。
つけまのりとしても使えるくらい、強力なタイプの透明アクリルのりです。

お値段840円。
これで二重になれるのか・・・?

ダブルアイリキッドの使い方

プッシャー

まずはプッシャーで二重のラインを瞼にクセ付けます。
ナイトアイボーテについていたプッシャーはY棒だったのですが、ダブルアイリキッドは1本棒でした。
これが意外と使いやすい♪
何で他のアイプチはY棒が主流何だろう・・・?と疑問に思う程。
プッシャーを手に入れるために購入しても良いかもってくらい気に入りました。

使用前

ちなみに、私の目は一重まぶたです。
ナイトアイボーテを半年ほど毎日使っていたら、薄っすら線が出来始めてきました。

のりを塗る

ダブルアイリキッドを塗ります。
私の場合、二重が作りにくい一重のため、たっぷり大量に塗っています。
その後30秒放置して乾かします。

プッシャーで押す

二重にしたいところの皮膚を織り込むようにして、プッシャーで押します。
乾燥までに時間がかかるので、30秒ほどキープしています。
目線は、プッシャーを挿す時は下にして、プッシャーが挿さったら上目使いにすると、広い範囲がくっつきやすいですよ。

完成

乾燥させたら、完成です!

ダブルアイリキッドとナイトアイボーテを比較

ナイトアイボーテと一緒に

雑誌でも紹介されている二重のりのナイトアイボーテ。
通販でしか買えないから、「欲しいけどどうしよう~」って迷っている方も多いと思います。

ドンキホーテやドラックストアでも買えるダブルアイリキッドと比較して紹介しますね。

値段

ナイトアイボーテ:2,980円
ダブルアイリキッド:840円

安さならダブルアイリキッド!
内容量は記載されていませんでしたが、ナイトアイボーテは3mLで、ダブルアイリキッドの方がボトルが大きいため、量も多いと思われます。

接着力

ナイトアイボーテ:超強力
ダブルアイリキッド:強力

ダブルアイリキッドの接着力もかなり強いんですが、ナイトアイボーテを使い慣れていると、やっぱりナイトアイボーテの方が強力に感じます。

理由は、使う液の量。
ナイトアイボーテはひと塗りで瞼がくっつきますが、ダブルアイリキッドは、付きが悪くて2度塗りする場合もあります。
そんな経験が積み重なると、市販の二重のりの接着力の限界を感じました。

落としやすさ

ナイトアイボーテ:落ちにくい
ダブルアイリキッド:落ちやすい

接着力にも通ずるところがありますが、ナイトアイボーテは全然落ちません。
お湯&洗顔フォームで洗っても落ちずに、蒸しタオルでふやかしてオフすることもあるくらい落ちません。

ダブルアイリキッドは水には強いけど、お湯には弱いです。
お風呂に入った時、「何か浮いてる~」と思ったら、湯船でふやけたダブルアイリキッドでした。

速乾性

ナイトアイボーテ:約30秒
ダブルアイリキッド:約2分

ナイトアイボーテは、どんどん乾燥してしまうので、スピード勝負で二重を作ります。
ダブルアイリキッドは、乾くまでに時間がかかるため、二重に織り込むタイミングは最初難しかったです。

使い勝手は好みがあるかもしれませんが、せっかちで不器用な私は、ナイトアイボーテの方が何度もプッシャーで押さえる手間がかからなくて使いやすく感じました。

肌へのやさしさ

ナイトアイボーテ:美容成分5種、エタノール少なめ
ダブルアイリキッド:美容成分1種、エタノール多め

ナイトアイボーテには、ボタンエキス、フユボダイジュ、アルニカ葉エキス、アルテア根エキス、サクラ葉エキスの5種類の美容成分が入っています。
また、エタノールは極力減らした配合になっています。

ダブルアイリキッドは、カミツレエキスが入っています。
エタノールは水に次いで2番目に多い成分になっているため、配合割合が高いと推測できます。

どちらがおすすめ?

値段さえ気にならなければ、ナイトアイボーテの方が使いやすいし、強力でおすすめです。
1本3mL入りで約2ヶ月使えたし、塗り直しが必要ないので、コスパはそれほど悪くないと思います。
皮膚が荒れにくい成分や、むくみ防止成分が入っているのも高ポイント!

皮膚が強い人や、コストをできるだけ抑えたい人は、ダブルアイリキッドでも良いかもしれません。
ただ、寝る間に使うなら使用時間が伸びるため、エタノールなどによる皮膚への影響も考えた方が良さそうです。

贅沢に使うなら、昼も夜もナイトアイボーテ。
コスパを求めるなら、昼はダブルアイリキッド、夜はナイトアイボーテにすることをお勧めします。

ナイトアイボーテ
公式サイトはこちら