効果ないって本当

二重の癖がつかない

ナイトアイボーテで本物の二重になれる人がいる一方で、3ヶ月使っても癖がつかない人もいます。

これってなぜ?

実は、私も3ヶ月の使用ではうっすら線が入った程度。
パッチリ二重には程遠いです。

線は薄くついた

市販の二重ノリでは貼り付けられないくらい重く厚い一重だった私にとっては、これでも二重が作りやすくなったし、使用前に比べて進歩があったと感じています。
でも、一重から二重になれると思って買っていたら「クセ付けしやすくなった」くらいの変化だと「ちょっとなぁ・・・」って不満でですよね。

「こんなはずじゃなかったのに・・・」と後悔してほしくないので、ナイトアイボーテのリアルな体験談を紹介します。

本物の二重になりたい人へ

効果ない人の特徴

一重だと効果が出にくい

一重から二重にしたい人は、効果ない場合が多いです。

そもそも、一重の人と二重の人では瞼の筋肉の構造が違います。
>>一重と二重の違い

二重の人には瞼を引き上げる筋肉が2本ありますが、一重の人には1本しかありません。

だから、ナイトアイボーテで一重の人が二重になるためには、皮膚を織り込んでシワを作っているだけなのです。

美容整形で一重から二重にする場合は、糸で縫い付けることで筋肉の変わりをしています。

筋肉や糸に比べて、シワって弱いですよね。
毎日同じところに癖付けしていれば線が入るのは事実ですが、時間が非常にかかります。
しかも、10代でプリプリ&再生力の強い丈夫な肌の場合、シワ
がつくのに時間がかかるのは当たり前。
だから、一重だと効果ないと感じる方が多いのです。

私もこのタイプで、二重になる筋肉はありません。
だから、ナイトアイボーテで瞼を折り込み、シワをつけている状態です。

一重でも二重になれた人もいる

一重から二重になれた

ナイトアイボーテから送られてくる口コミ体験談を見ていると、一重から二重になれた方も多いです。
ただし、「3年かかった」と言う人もいました。

アイプチを使い続けていることで有名な鈴木奈々さんですが、今でもアイプチがないと一重です。
日中ずっとアイプチで癖付けして、もう10年以上たっているはずなのに・・・
そのくらい、一重の人が何もしなくても二重になるには時間がかかると言うこと。

アイプチよりナイトアイボーテの方が接着力は強力で、24時間使うこともできますが、やはり時間はかかります。
一重の人は、3年間毎日使ってみましょう。

二重になりやすい瞼か確認してみよう

二重になれる可能性は

目をギュッとつむって、パッと見開いた時、一瞬でも二重になる方は、二重の筋肉がある可能性が高いです。

もし、一瞬でも二重になれるなら、3ヶ月で本物の二重になれる可能性があります。

全然二重になる気配がない方は、ナイトアイボーテを使っても効果ないと感じたり、二重になるまでに時間がかかる可能性があります。

私の実体験ですが、すぐに一重から本物の二重になれなくても、二重を作るのがラクになったり、二重をキープしやすくなったりしました。
何の効果も無いと言うことはありませんでしたよ。

本物の二重になりたい人へ