親子
二重瞼は遺伝します!
両親ともに二重なら、子供も二重になる可能性が高く、
両親ともに一重なら、子供も一重になる可能性が高いのです。

では、二重の父親と一重の母親の子供は?
遺伝の仕組みを見てみると、どんな子供が生まれるか想像できますよ。

瞼の遺伝

三世代
遺伝の表現型として、『二重瞼』が優勢、『一重瞼』は劣勢とされています。
優勢遺伝子の方が劣勢遺伝子より現れやすくなるため、両方の遺伝子を持っている場合、表現型は優勢遺伝子が優先されます。

遺伝の仕方

メンデルの遺伝の法則を覚えていますか?
『シワのないえんどう豆と、シワのあるえんどう豆を交配すると、子孫のえんどう豆はどんな形になるか』の話です。

えんどう豆と同じことが、瞼にも言えます。

父:二重瞼(AA)、母:二重瞼(AA)の子供は、遺伝子(AA)を持つ二重瞼の子供しか生まれません。
AAのみの場合

複雑になるのが、一重瞼の遺伝子(a)が入ってくる場合です。

例えば、
父:二重瞼(Aa)、母:二重瞼(AA)の場合、(AA)の子供と(Aa)の子供が1/2の確立で生まれますが、この子たちはいずれも二重瞼になります。
二重瞼遺伝子(A)が優勢のため、Aとaが両方ある場合は、優勢の表現型が現れるためです。
AaとAAの場合

では、以下の場合はどうでしょう?

父:二重瞼(Aa)、母:二重瞼(Aa)
(AA)と(Aa)の遺伝子を受け継いだ子供は二重瞼になりますが、(aa)を受け継いで一重瞼になる子供が1/4の確立で出てきます。
AaとAaの場合

父:一重瞼(aa)、母:二重瞼(Aa)
(Aa)と(aa)の子供が生まれ、子供が二重瞼になる確率は1/2です。
aaとAaの場合

父:一重瞼(aa)、母:一重瞼(aa)
子供は全て(aa)になり、一重瞼の子供しか生まれません。
aaのみの場合

成長中に変わる場合もあります

遺伝子で決まるのであれば、生まれた時から死ぬまでずっと同じ瞼の形のはずですね。

でも、実際には「子供の頃は一重だったのに、大人になったら二重になった」と言う人もいます。
これには、いくつか理由があります。

瞼が痩せて二重になった

喜ぶ女性
もともと二重遺伝子だった人に起こりやすいのが、ダイエットなどで顔の脂肪が落ちた時の変化です。

太っていた時は瞼にも脂肪がついていて一重だったのに、痩せたら瞼の脂肪も落ちて二重が現れたのです。

両親のどちらかが二重瞼の方は、二重遺伝子を持っている可能性が高いので、顔痩せマッサージなどをしてみると良いかもしれません。
目の周りの皮膚は薄く、シワができやすいので、無理な力が加わらないように注意して下さいね。

むくみが取れて二重になった

むくみを気にする
泣いた翌日に目が腫れることがありますよね。

むくみ易い体質の場合、日ごとに一重になったり二重になったり変わる場合があります。

むくみが原因の場合は、余分な水分を体外に排出するカリウムなどを積極的に摂るとよいでしょう。

皮膚にシワができて二重になった

ナイトアイボーテ
ナイトアイボーテのような瞼に癖をつける美容液を使い続けていると、皮膚にシワがついて二重になります。
遺伝とは関係なく癖をつけている状態です。

一重に戻ってしまうかどうかは、遺伝子や瞼にある脂肪の量によって違うため、個人差が大きいです。
一重戻りを防止するためにも、二重定着後も定期的にナイトアイボーテを使うと綺麗な二重をキープできるでしょう。

両親共に一重だからと言って、諦める必要はありませんよ!