日本人の7割が一重

赤ちゃんの寝顔
二重瞼が優勢なのに、日本人には一重の人が多いと感じたことはありませんか?

実に日本人の7割が一重瞼とも言われています。

私の家系も、どこを見回しても一重ばかり。
二重の人は従妹のお嫁さん(血のつながりがない)くらいです。

ところが、遺伝的に見ると優勢の表現型は二重瞼。
二重瞼の人の方が一重瞼より多いはずなんです。

これは、なぜでしょうか?

地域で違う!瞼の形

世界の友達
クッキリした目鼻立ちの西洋人は、想像通り、ほぼ全員が二重瞼です。
ここでは『二重瞼が優勢』が納得できます。

ところが、日本や中国、韓国などを含むアジアの北東部では、一重瞼の人が多く存在します。

これには、遺伝だけでなくご先祖様の住んでいた環境が関係しています。

寒い地域は一重が多い

キタキツネ
一般的に、暑い地方の動物は体温を発散しやすいように手足が長かったり、耳が大きかったりします。
そして、寒い地方の動物は体温を逃さないように脂肪が多めでずんぐりむっくりした体型となり、表面積を小さくするために手足が短く耳も小さい傾向にあります。

これが、住む地域の環境に適応した進化です。
この進化がヒトの瞼でも起こっています。

つまり、暖かい地域のヒトの瞼は脂肪が薄く、寒い地域のヒトの瞼は脂肪が厚い傾向にあるのです。
脂肪が厚い瞼は折れ曲がりにくく、一重になります。

日本人のご先祖様はと言うと、極寒のシベリア地方から移民して来た人類(瞼に脂肪が多い)と言われています。

日本人に一重が多いのは、このように脂肪量の進化も関係しているためと考えられています。

一重から二重になるのはムリ?

外国人の少女
『二重は瞼が折れ曲がるクセ』です。
だから、クセづけが成功すれば二重になることは可能です。

美容整形の場合は、瞼の脂肪を減らして皮膚に折り目をつける手術をすることで一重から二重に矯正します。

二重美容液の場合は、スティック等で物理的に瞼に凹みをつけ、その部分を粘着液で貼ることで二重のシワをつけます。
美容整形のように1度で一生二重になれると言うことはありませんが、こちらも続けることで二重のクセがついて来ます。

毎晩塗るだけの二重美容液

眠る間に二重
二重になりたいからと言って、いきなり美容整形は勇気が要りますね。
ここは手軽に二重体験できる二重美容液を試してみることをおすすめします。

中でも人気が高いのがナイトアイボーテ。
一般的なアイプチなどの二重美容液が1,000円~2,000円の中で、割引された最安値が2,980円と、若干高めの商品ですが非常に売れています!

その理由は、他の商品より二重が定着しやすいから。
使い続けるうちに本物の二重になれるのです!

使い方も、夜寝る前に塗って二重ラインを作り、朝の洗顔で接着液を洗い流すだけ。

朝は二重のクセがつきやすくなっているので、メイクするのもラクになりますよ。

ここで注意が一つ!
割引価格になるのは定期購入に申し込んだ先着100名のみ!
枠が終わってしまうと、定価の4,860円に戻ってしまう可能性もあるので、おはやめにどうぞ!

憧れのパッチリ二重に☆ナイトアイボーテ